ちょっと気になる毎日のできごとを。


by mayuppy131
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:アート( 5 )

e0015828_2394677.jpg


芸術の秋、を楽しみに京都市美術館ルーブル美術館展へ。
確か、去年もやっていたはず・・・
去年のテーマは「19世紀フランス絵画」でした。
絵画中心の展覧会から、彫刻・陶器が中心のこちら。
今年は「古代ギリシア芸術・神々の遺産」です。

そういえば・・・
[PR]
by mayuppy131 | 2006-09-29 23:17 | アート

街の灯り

e0015828_11352220.jpg


河原町通りを歩いていると、商店街の電灯がとてもステキだったのでパチリ。

電灯が夏姿になっています。
柔らかい色合いの和紙に、
古典的な植物の絵柄とみやこ花ことばが描かれています。
目隠しの簾が涼しげ。

こちらの花ことば。  
 
  ゆり  純潔

他にも、薄紫薄緑薄黄色があり、
それぞれに異なった絵柄とみやこ花ことばが。

  むくげ   デリケートな美

  けいとう   色あせぬ恋

  あさがお   愛情の絆

  まつよいぐさ   浴後の美人

普段は気にかけることない、商店街の灯りが
こんな風にデザインされていると、街歩きも楽しくなります。
秋にはどんな風に模様替えされるのでしょう。
楽しみです。
[PR]
by mayuppy131 | 2005-08-15 11:43 | アート

フィレンツェ&京都

e0015828_0165340.jpg


サンタ・マリア・ノヴェッラに行った時に、
お店の人から一人の画家の作品展案内をいただきました。

  「~フィレンツェ・京都 姉妹都市締結40周年記念~笹倉鉄平展」

姉妹都市を記念して、画家笹倉鉄平がフィレンツェにて9月1日から7日間
個展を開くそうで、それに先駆けて今日から8月2日まで
大丸京都店で個展が行われます。

一番上の写真は、パンフレットを写したものの一部で
実物は、横に長い絵なのですが、冬の京都を描いた作品、『雪の「町屋」通り』です。
右端の建物が、彼が描いた「サンタ・マリア・ノヴェッラ・ティサネリーア・京都」。
実際の写真と見比べて、うんうん、このお店!と納得。

今日、その個展鑑賞に行ってきました。
[PR]
by mayuppy131 | 2005-07-27 23:45 | アート

谷口吉生のミュージアム

e0015828_0583042.jpg


香川県丸亀市の猪熊弦一郎現代美術館 、坂出市の東山魁夷せとうち美術館
そして、NYのMoMA は、ある一人の建築家で結ばれています。

いずれも建築家・谷口吉生が手がけた美術館。
今回、MoMAを除いた二つの美術館の所蔵作品を楽しんだのはもちろんですが、
一人の建築家の作品としての美術館そのものを楽しむことが出来ました。

More
[PR]
by mayuppy131 | 2005-07-24 23:58 | アート

ガラスツリー

e0015828_0595399.jpg
 
               ・・・ chiliegio チリエージョ 桜 ・・・

何やら透明なモノがいっぱいぶらさがった木。
写真ではちょっとわかりにくいのですが、
一粒一粒カットされたクリスタルガラスが無数にぶら下げられたガラスツリーです。

こちらは、箱根ガラスの森
東京での仕事の帰り、訪ねてみました。
あいにくの雨模様で、晴れていればもっとキラキラ輝いて
綺麗だったろうになぁとちょっと残念でしたが。

More
[PR]
by mayuppy131 | 2005-07-08 00:58 | アート